困ったぞ相続!経堂の相続対策専門士Mのブログ

世田谷区経堂住んでおります相続対策専門士Mです。 ほぼ誰にでも起こり得る相続(争族)について、勉強して行きましょう! 経堂の町(周辺含む)も紹介したいと思います。

2019年01月

先週ですが、昼前に「はしぐち亭」に初入店!

以前から気になっておりましたが、たまたま知り合いがバイトしている
こともあって勇気を出して入店しました。

「もつ焼き 松ちゃん」の向かいなので、ほぼ毎日のように前を通っております。
カウンターに座って、手ごねハンバーグのbigを注文!

昼前ですが、仕事オフなので生ビールも注文!
ハンバーグ旨い!
デミグラスソースが特に美味しい!
生ビールお代り!

テラス席を入れると全32席…料理人はシェフ一人 ( ゚Д゚)
よくこなせるもんだ 
九州 熊本出身のシェフ 恐るべし
もともと千歳烏山の人気店だったらしいが、広い店舗を求めて
経堂に開店したらしい・・・

この店のオリジナルメニュー 「ちとかライス」のミニ注文!
一見ハヤシライスのようですが、味は全然違います。
牛すじにフォンドボー マスタード トウガラシ を煮込んだもので結構辛い!
癖になる味ですな・・・・辛さ10倍もあるようなので、辛いの大好き人間
の私はいつかチャレンジするかな 相当に辛いと思いますが・・・

ドリンク類(アルコール)豊富で、つまみ系も多い・・・!
これは夜飲みにも持って来いじゃないか
次回は夕刻から飲みに行きます
DSC_0058














DSC_0063














































≪ 相続コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫






改正①に続いて次に施行日が早いのは、

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律

1.配偶者居住権の創設
2.預貯金の仮払い制度の創設
3.自筆証書遺言の保管制度の創設
4.遺留分算定制度の見直し等
5.権利の承継・義務の承継に関する見直し
6.相続人以外の者の貢献

内容については次回にでも!

≪ 相続コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫

昨年改正案が成立した相続法の中で、最も施行日が早いのは、


2019年1月13日から施行の
「自筆証書遺言の方式を緩和する方策」です。
自筆証書遺言は遺言者が全文自書しなければならなかったのが、
財産目録に関しては、

ワープロ等での作成も可。
通帳のコビーや不動産の登記事項証明書等でもよい。


に変わりました。
ただし、財産目録に署名と押印は必要です。

高齢者や病人が自筆で遺言書を書くのは結構大変な作業なので
この改正は良いと思います。

≪ 相続コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫









遅れましたが、明けましておめでとうございます!

まだ正月の4日気分ですが、もう今年も1週間以上経ったのですね

そんなに寝起きしたのか 記憶に無いが・・・・・

今年もあっという間に過ぎそうです・・・・・


不動産関連の法律も改正が多いようで、覚えるのが大変


取り合えず不動産売買契約書の印紙税の軽減措置は、

平成30年3月31日までから平成32年3月31日まで2年間延長に

なっております。それは良かった


昨年12月に更新した「宅地建物取引士証」の有効期限が5年延びて

平成36年1月28日まで有効 と明記されておりますが、今年の4月で

平成は終わるのですから、西暦表記に出来なかったのか

4年半も前年号での重要事項説明を行うのは、気分の良いものでは

ないが!

昨年の宅建法定講習で知ったのですが、「宅地建物取引士証」の提示

(重要事項説明)の際、取引証に明記してある本人の住所にシールを

貼って隠しても良い!ことになったのですね!(いつからだ?)

美人宅建士のストーカー対策か 女性には嬉しい改正でしょう

これも時代の流れでしょうか

取引証には生年月日も明記してありますが、こちらはダメなようで・・・

こちらも是非、目隠しシールOK!にして貰いたいが

≪ 相続コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫

   

↑このページのトップヘ