年初に知り合いの弁護士さんから、借地権付き建物(旧法借地権)の買取りを打診されましたが、借地権を購入した場合、借地契約の残存期間又は新規契約(20年?)なのか、地代(月1万5千円弱)はこれまでと同額で良いのか
建物は築年数不明・・・法務局で閉鎖登記簿を閲覧しても新築年月日解らず。
何度も増改築をしているようですが。
譲渡承諾料(名義書換料)は? 建替える際の承諾料は?
弁護士さんに聞いても、借地権者も相続で取得したばかり(まだ未登記)で、解らないとのこと。
地主さん(底地権者)も買って1年くらいで、了解を取るので直接聞いてくれとのこと。
余談ですが、弁護士さんから依頼の物件は結構な件数扱って来ましたが、物件現場に足を運んだとい
う弁護士さんはほとんどいません。登記簿謄本・公図・写真等(Google マップ他)は取得し見ておりますが・・・。
底地権者(土地所有者)様に連絡を取り、上記の質問をしましたが、土地上にある借地権でない建物(古家)を社宅にしようと思い、購入したので承諾料等と聞かれても解らないとのこと。
その建物(古家)に住まわせた社員もすぐに退職して空家なので、一緒に売ってほしいと願ってもない展開になりました。
借地権 底地権の同時売買売主は二人ですが。購入されるお客様は所有権として取得できます
借地権の売買は、地主の承諾・承諾料の他、銀行ローンも融資が難しいことが多くなかなか大変です。
強欲な地主さんで、譲渡の承諾を与えない・多額の名義書換料・建替承諾料請求 裁判多いに結構という方もおりますし・・・
購入を希望される方は、事前に信頼できる不動産コンサルにしっかり調べて貰った方が良いですよ

≪ 相続コンサルティング 相続相談 不動産調査 ≫