現行制度では遺産分割が終了(相続人全員の同意)するまでの間、相続人単独では預貯金の払戻しが出来ません(預金凍結)が、2019年7月1日より相続人全員の同意が無くても遺産分割前に預貯金の仮払いが出来るようになります。

①金融機関へ直接仮払いを求める方法 

②家庭裁判所へ仮払いを求める方法 

の2つがあります。


①の場合は、遺産に属する預貯金債権のうち、一定額については、単独での払い戻しを認める。

相続開始時の預貯金債権の額 × 1/3 × 仮払いを求める相続人の法定相続分
                        = 単独で払戻しをすることができる額                                                                                                                                                                    
(※但し一つの金融機関から仮払いを受けられる上限額は、150万円まで。)

≪ 相続コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫