昨年改正案が成立した相続法の中で、最も施行日が早いのは、


2019年1月13日から施行の
「自筆証書遺言の方式を緩和する方策」です。
自筆証書遺言は遺言者が全文自書しなければならなかったのが、
財産目録に関しては、

ワープロ等での作成も可。
通帳のコビーや不動産の登記事項証明書等でもよい。


に変わりました。
ただし、財産目録に署名と押印は必要です。

高齢者や病人が自筆で遺言書を書くのは結構大変な作業なので
この改正は良いと思います。

≪ 相続コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫