「公認 不動産コンサルティングマスター」の有効期間が来年3月末で

切れてしまいますので、更新の手続きを行いました。

有効期間は5年です。ついこの間更新したと思っていたのですが、もう

5年近く経っていたとは・・・・・。

更新の条件を充足するには、大きく分けて4つの要件の内の1つを

クリアしなければなりません。

その4つの内で最も費用が掛からないのが、

『不動産コンサルティングに関する研究報告を提出すること(2000字以上)」

という要件です。前回に引き続き、この要件で更新するべく先週はずっと頭を

悩ましておりました。

昨年決着した 〈法テラスを利用した不当利得請求調停〉 について

のレポートで4000字ほど書いて提出しましたが、審査期間が2週間ほど

とのことで、不合格の場合は再提出しなければなりません。

2万円を払って「専門教育コース」なる更新講座を1日受講する方が楽かも

しれませんが、更新手数料(10,200円)と別に20,000円も払うのは

何とも悔しい~というか腹立たしいというか・・・・

無事再提出にならず研究レポートが通りますように

≪ 不動産コンサルティング 相続対策 相続相談 ≫