私の父の相続調停ですが、最終的に審判 での判決になりました。

不服として、高等裁判所に抗告しておりましたが、昨日≪本件抗告を棄却する。≫ 

との内容の決定通知が高等裁判所から届きました・・・・

予想はしておりましたが・・・さらに不服申立て(抗告)を5日以内に出来るとのことですが、

その制度は2つ。

(1)特別抗告の提起
   高等裁判所の決定または命令について、憲法の解釈の誤りその他憲法違反がありことを
   理由とするときに提起することができます。

(2)抗告許可の申立て
   高等裁判所の決定または命令について、次のア又はイを理由とするときに申し立てることが
          できます。
  ア 最高裁判所の判例(これがない場合にあっては、大審院又は上告裁判所もしくは抗告裁判所
            である高等裁判所の判例)と相反する判断があること
  イ その他の法令の解釈に関する重要事項を含むこと

(1)(2)の該当しそうにない為、さらなる抗告はしないことにします。 残念!

≪ 相続コンサルティング 相続相談 相続対策 ≫